GPSのレンタルの費用相場

GPSのレンタルの費用はタイプによって異なりますが、1週間8000円から2万円が相場です。

GPSとGNSSの違いとは?

GNSSは衛星測位システムの総称

GNSSはGlobal Navigation Satellite Systemの頭文字を取った略語で、衛星測位システムの総称です。ロシアが開発したGLONASS、EUの開発したガリレオ、日本が開発した準天頂衛星システムなどがGNSSとなります。

GPSもGNSSの一種

gpsはアメリカが開発した衛星測位システムで、GNSSの一種となります。本来、衛星測位システムはGNSSと呼ばれるべきですが、日本では初期からgpsを使用していたため知名度が高く、衛星測位システムの総称としてgpsが使用されることが多くなります。

使い方に注意しよう

女性

gpsは宇宙にある人工衛星から電波を受信することによって、世界中にいたるところで自分の居場所を特定できるシステムのことです。見知らぬ土地で、目的地を調べながら動くとどうしても時間がかかってしまいます。その点GPSは常に人工衛星に搭載されているコンピューターが情報を解析しているので、工事などによって環境が変わってもすぐに更新されるので居場所の特定が容易です。そんなGPSは小型軽量化され様々な端末に備え付けられているのでレンタルサービスが行われており、道案内や工場での持ち物の特定そして子供も安全対策など様々な用途に用いられています。ただし手軽に手に入るからこそ、実際に利用するのであれば注意点を覚えておく必要があるのです。まず衛星から電波を受信する形なので、電波が届かない地下街や何らかの磁場が発生している場所にいると不安定となり利用できない場合があります。そして自分が使うのではなく相手の居場所を特定するために利用する場合において、プライバシーの権利を侵害する恐れがあるので運用するのであれば相手に事前に伝えておくかリスクを承知したうえで使う必要があります。

利用する際にさまざまな種類がある

カーナビ

gpsレンタルサービスを活用する場合、用途によってノーマルタイプそしてロガータイプという種類があることを覚えておく必要があります。ノーマルタイプというのは、携帯電話のような受信機を持っていき衛星電波を受信して使うものです。もっとも広まっている機器のため料金は安めに設定されています。ロガータイプというのは受信機を自身が持っておき、発信器を別の人や場所に持たせるタイプです。受信機を利用して別のものや人の流れを把握することで、何らかの問題が起きた時にすぐに連絡ができるので事故などを未然に防ぐことができます。特に認知症を患った人に起きる徘徊は、最悪の場合大きな事故を起こす可能性があり危険です。そこでロガータイプを持たせておくことで、どこに行ってしまってもすぐに特定することで問題を避けることができます。